種名:アラゲヒョウタンボク  科名: スイカズラ科  属名: スイカズラ属  学名: Lonicera strophiophora   花期: 春〜晩春  
特徴:北海道、本州、四国に分布する落葉低木、山地の林縁などに生育する。葉は対生し、両面に毛、卵形〜狭卵形、先は鈍いか又は短く尖る。葉腋から花柄を出し2個ずつ花を付ける。花ははじめ白色、後に淡黄色、漏斗状で長さ2〜3cm、先は5裂する。大きな葉状の苞をもつのが特徴。高さ1〜2m。
撮影:05/12 山梨県東部



広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー