種名:ユモトマムシグサ  科名: サトイモ科  属名: テンナンショウ属  学名: Arisaema nikoense  花期: 晩春〜夏  
特徴:本州中部〜東北南部に分布する多年草。花序は葉より早く開き、葉より高くなる。仏炎苞は黄緑色、花序の付属体はやや太いこん棒状、葉は1-2、小葉5、不揃いの粗い鋸歯がある。高さ30〜40cm。
撮影:05/20 長野県中部



広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー